Firebase – ユーザー認証(Authentication)

今回は、FirebaseのAuthenticationをアプリに導入して、Googleアカウントでアプリにログインできるようにします!

■導入ガイドのサイト

以下のサイトを見ながら導入していきます

※参考サイト:「Android で Google ログインを使用して認証する」

■FirebaseをAndroidプロジェクトに追加

広告

これについては、別の記事で記載していますので、そちらを参照してください!

作成したアプリを上記記事の手順で、プロジェクトに紐づけておきます

アプリの紐づけ
アプリの紐づけ

■Firebase Authentication を追加

モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル

「Firebase Android BoM」を使用するとあり、implementationを追加するとなっていますが、これは実施済みのはずです!?

実は、上記記事の内容から更にサイトの手順が更新されていて、アプリをプロジェクトに紐づける際に、手順として出てきます

ここでは、「firebase-auth-ktx」と「Google Play services library」も記載追加するようです

dependencies
dependencies

implementationを追加したら「今すぐ同期」しましょ!

・Firebase コンソールで認証プロバイダを有効にする

認証プロバイダを使用するには、Firebase コンソールで認証プロバイダを有効にする必要があります。

[Authentication] セクションの [ログイン方法] ページに移動して、[メール / パスワード] のほか、アプリに必要な ID プロバイダを有効にします。

https://firebase.google.com/docs/auth/android/start?hl=ja#kotlin+ktx

と記載されていますが、特に説明がないので、ここで記載しますね

– Authenticationセクション

まずは、Firebase コンソールの構築メニューにある「Authentication」セクションを選択します

Authenticationセクション
Authenticationセクション

– Sign-in methodタブ

ログイン方法 (Sign-in method) のタブで、「Google」を選択します

Sign-in methodタブ
Sign-in methodタブ

Googleを「有効にする」と画面が開くので、以下の二つを入力します

  • プロジェクトの公開名(自動で入力されているのでお好みで変更)
  • プロジェクトのサポートメール(登録してあるアドレスを選択)
Googleを有効にする
Googleを有効にする

「保存」ボタンをクリックすると、画面が閉じて、以下の「更新されました」のメッセージが表示されます

Google が更新されました
更新

■Firebase で認証する

広告

・GoogleSignInOptions オブジェクトを構成

Android アプリへの Google ログインの統合ページの手順に沿って Google ログインをアプリに統合します。 GoogleSignInOptions オブジェクトを構成するときは、requestIdToken を呼び出します。

https://firebase.google.com/docs/auth/android/google-signin?hl=ja#authenticate_with_firebase

※ここから先は、既に「Google ログインをアプリに統合」できていることが前提事項になりますので、まだ統合ができていない方は、先に、統合を実施してくださいねー(ただし、統合ページのサンプルは古かったりするのでご注意を!)

サイトのサンプルソースを見ると、以下のやり方で、「GoogleSignInOptions オブジェクトを構成する」ということですね!

Configure Google Sign In
Configure Google Sign In

onCreate()関数の中で上記で掲載されているサンプルコードを張り付ければいいのですが、そもそもオブジェクトの宣言について、サンプルコードには記載がありません!w

正確には、統合ページのでは以下のように、valではなく「GoogleSignInOptions」で記載されています

オブジェクト名も異なり、「requestIdToken」も記載されていないので、以下のサンプルは参考程度ですw

統合ページのサンプル
統合ページのサンプル

以下のコードをonCreate()関数を宣言するアクティビティの中で宣言しておきましょう!

・サーバーのクライアントID

サーバーのクライアント ID を requestIdToken メソッドに渡す必要があります。OAuth 2.0 クライアント ID を確認するには:

https://firebase.google.com/docs/auth/android/google-signin?hl=ja#authenticate_with_firebase

と記載されていますが、これはFirebaseの導入で「google-services.json」をプロジェクトにコピーしているのなら、終わっている手順になります

・サインインフロー

Google ログインを統合すると、ログイン アクティビティに次のようなコードが追加されます。

https://firebase.google.com/docs/auth/android/google-signin?hl=ja#authenticate_with_firebase

とまぁ、これは微妙にコードが違ってますが、記載の通り「Google ログインを統合」を行えば、追加されるコードです

・FirebaseAuthオブジェクト

ログイン アクティビティの onCreate メソッドで、FirebaseAuth オブジェクトの共有インスタンスを取得します。

https://firebase.google.com/docs/auth/android/google-signin?hl=ja#authenticate_with_firebase
FirebaseAuthオブジェクト
FirebaseAuthオブジェクト

FirebaseAuthオブジェクトの宣言と取得についての記載です

このコードをどこに書くのかは、以下のサンプルを見てください

参考サイトの残りのサンプルをどこに書けばいいかもテンプレートとして表しておきます

参考サイトのサンプルは上記テンプレートに貼っていけば出来上がります

あとは、実際に実行して、Googleへログインしてみましょう!

■実行

今回のプロジェクトでは画面に以下のコントロールを配置しました

  • TextView
  • SignInButton (com.google.android.gms.common)
  • Button (SignOut用)

起動画面
起動画面

・サインインする

画面の「ログイン」ボタンをタップすると、Googleのサインイン画面に変わります

サインイン
サインイン

メールアドレスとパスワードを入力すると、利用規約画面が出るので、「同意する」をタップします

次にプライバシーポリシーの確認画面が出るので、これも「同意する」をタップします

そうすると、サインインができたので、ユーザー情報が取得できるので、情報を画面に表示することができます

・ユーザー情報を表示する

今回表示するのは、ユーザー表示名(displayName)です

他にもメールアドレスなどが表示可能ですが、必ず同意画面で個人情報の取得と表示を宣言しましょう!

ユーザー情報を表示
ユーザー情報を表示

画面表示のサンプルは以下のようになります

■最後に

スマホにGoogleアカウントを設定しておけば、選択してサインインが可能です

サインアウトボタンの動きは今回は記載していませんが、簡単にサンプルを載せておきます

さぁ!これで認証はできました!

次は、データベースか、クラウドを使ってみようと思います

ではでは

シェア
広告

やもす ʕ•͡-•ʔ

のんびり!のほほん!がモットーです!w 蕎麦食いたい ライブ行きたい 暑いの嫌い