Android Studio から Android 端末でデバッグする

最近、ホンマにさぼりすぎですねw

■モバイルデバイスでアプリを実行する

広告

真面目にkotlinの勉強をしていたら、webサイトでAndroid Studioの説明がありました

参考サイト:Androidデベロッパー

モバイル デバイスでアプリを実行する
モバイル デバイスでアプリを実行する

そーいえば、アプリ作る勉強をしてましたけど、いつもエミュレータを起動してましたが、

Android端末でデバッグする方法を調べていませんでしたw

今更ですが、手順を記載します!

■Android端末で開発者向けオプションを有効にする

「開発者向けオプション」って、隠しメニューだったんですね!

①Android端末の設定を開きます

②端末情報をタップ

端末情報
端末情報

③ソフトウェア情報をタップ

ソフトウェア情報
ソフトウェア情報

④ビルド番号を7回タップ

タップするたびに、「あと何回でデベロッパーモードが有効になります」というメッセージがでます

ビルド番号
ビルド番号

⑤パスワードの入力

連続して、7回タップすると、パスワード入力画面が表示されます

端末に設定しているパスワードを入力すると、デベロッパーモード(開発者向けオプション)が有効になります

⑥開発者向けオプションをタップする

設定画面に戻ると、端末情報の下に、開発者向けオプションのメニューが増えています

開発者向けオプション
開発者向けオプション

⑦USBデバッグをオンにする

端末でのデバッグを可能にするために「USBデバッグ」をONにします

USBデバッグ
USBデバッグ
広告

⑧USBデバッグを許可する

USBデバッグをONにすると、確認メッセージが出ますので、「OK」をタップします

※⑦の画像に「USBデバッグの許可の取り消し」があるので、これで許可を取り消すことができるようです

USBデバッグを許可
USBデバッグを許可

これで端末側の初期設定が完了しました

■Android StudioでUSBドライバをインストールする

①[ツール]の[SDKマネージャー]を選択する

SDKマネージャー
SDKマネージャー

②「Google USB Driver」をインストール

Google USB Driver
Google USB Driver

「Android SDK」の「SDKツール」タブを選択して、「Google USB Driver」にチェックを入れて、「OK」をクリックすると、インストールが実施されます

インストールが完了すると、Android Studio側の設定は完了です

■Android端末で実行する

①PCとAndroid端末をUSBケーブルで接続します

②確認メッセージがでます

※わしのはスクショ取り損ねたので、Androidデベロッパーの画像を拝借w

「常に許可する」をチェックして、「OK」をタップしましょう

常に許可する
常に許可する

③接続端末を選択する

Android Studioで接続する端末に、USB接続したAndroid端末が表示されます

接続端末
接続端末

④実行(Run)する

Runボタンをクリックして、ビルドが終了すると、接続したAndroid端末でアプリが実行されます

実行結果
実行結果

■最後に

エミュレータだと、普段使い慣れていない端末しかなかったので、雰囲気がわかりにくかったんですよねー

なので、自分が持っている端末でデバッグできるようになって、凄く雰囲気がわかりやすくなった!

いやー便利!今更だけどねーw

これで開発するのもちょっと楽しくなりそうだなぁー

ではでは

シェア
広告

やもす ʕ•͡-•ʔ

のんびり!のほほん!がモットーです!w 蕎麦食いたい ライブ行きたい 暑いの嫌い