ファイル一覧作成

ページ番号: 1 2 3

【環境】Windows 10 Pro 64bit、Excel for Office 365

広告

最後に、一覧作成ボタンと一覧消去ボタンの処理を作成していきます

ファイル一覧作成 1
一覧作成、一覧消去を実装する

■出力項目

その3で実施した通り、ファイル一覧を作成するために、Fileオブジェクトを保存するようにしました

このFileオブジェクトが持つ情報を基にして、以下の内容を一覧に出力していきます

  • サブフォルダ名
  • ファイル名
  • タイプ
  • サイズ
  • 作成日時
  • 更新日時

■やること

一覧作成ボタンを押下した際に行うことは、ざっくりと以下になります

  • シート情報の取得
  • 出力先ワークシートの取得
  • 一覧消去
  • ファイル情報取得
  • リスト作成

細かいことを言えば、以下のこともやらなきゃですが、今回はw

  • 出力シートの有無確認
  • 出力シートの作成/削除/複製
  • 出力及び、出力済み一覧消去等の確認メッセージ表示
  • 出力中の進捗状況表示
広告

・シート情報の取得

これは表紙に記載された以下の内容を取得するということですが、その2で行ったように、ボタンへのマクロ登録時に、引数として渡す方法で、実装していきます

  • カレントフォルダ
  • ファイルパターン
  • 出力シート名

やり方を忘れた方は、こちらを確認してください

ファイル一覧作成 6
MakeListButtonにマクロの登録

引数でセル指定の文字列を受け取りって、セルの値を取得します

あまり、わしは、「Me.Application.ActiveSheet」なんてのを沢山書くのは好きではないです

更に、この「ActiveSheet」はプロパティなんですけど、見ての通り、型が「Object」型なので、WorkSheet型の変数にSetして使うようにしています

ファイル一覧作成 7
ActiveSheetの型

大したことではないのですが、Activeってのは、現在の最前面のウィンドウのこと(正確には違いますけどw)

Excelを複数開いていたりすると、Excelのウィンドウを切り替えた場合に、Activeが意図しないものに変わってしまいエラーの原因になります

そのため、Activeはボタンに登録するマクロで1回だけ、最初に使うだけにしましょー!

できれば、「表紙」も引数でもらえばいいですね!

・出力先ワークシートの取得

沢山ソースを書くのが、面倒になってきたので、抜粋していきますw

引数でもらった出力先シート名のセルの値を「name」に格納しているので、これを使って、シートのオブジェクトを取得します

WorkBook型やWorkSheet型は変数宣言をして、Setでオブジェクトを取得し、使い終わったら、「Set (変数名) = Nothing」で開放しましょー

シェア
広告
ページ番号: 1 2 3

やもす ʕ•͡-•ʔ

のんびり!のほほん!がモットーです!w 蕎麦食いたい ライブ行きたい 暑いの嫌い