ファイル一覧の仕様

ページ番号: 1 2

【環境】Windows 10 Pro 64bit、Excel for Office 365

広告

Excel VBAを使用して、Excelシート上にカレントフォルダ配下のファイルを一覧する単純なツールをFileSystemObjectを使用して作成し、VBAの勉強をしていきます

どんなファイル一覧を作成するのか、仕様を考えていきましょー

■ファイル一覧

簡単なファイル一覧を作成するのに、仕様書を作るまでもないと考えていますが、作成後のイメージは必要と思いますので、以下に載せておきます

シートの構成は以下の2つで、それぞれの画面イメージを載せていますが、シートを分けたのはセル幅を気にしただけのようにも見えますが、出力シートを都度指定できるようにするため、出力は別シートとしているのです!w

  • 入力用の表紙シート
  • 出力用の一覧シート
ファイル一覧の仕様 1
ファイル一覧の入力用シートのイメージ
ファイル一覧の仕様 2
ファイル一覧の出力用シートのイメージ

■入力用シート

入力する情報(プロパティ)としては、以下の3点くらいで良いかと考えています

  • どこのフォルダを一覧するのか?
  • どんなファイルを一覧するのか?
  • どのシートに出力するのか?

実施する処理(メソッド)としては、以下の4点くらいかと考えました

  • フォルダパスを指定する
  • フォルダパスを消す
  • 一覧を作成する
  • 一覧を消す
ファイル一覧の仕様 3
入力用シート

・どこのフォルダ

どこのフォルダにあるファイルを一覧するのか、それを指定するために、カレントフォルダの入力欄をシートに作成します

広告

・どんなファイル

今回は、拡張子が同じでもプレフィックスが一致するようなファイルのみを抽出したいなどもあるかと思い、ワイルドカードを使用してLIKE検索するようにしたいと思います

ファイルを絞り込むのに、拡張子だけでいいのならば、拡張子を選択するような機能にしてもよいかと思いますし、ワイルドカードではなく、正規表現で一致させる方法もあるでしょう

複数の拡張子やパターンが入力できても良いかも知れませんね!

・どのシート

出力先のシート名はハードコーディングで固定でも良かったんですが、一覧の出力結果を残しておけるように、シート名を都度設定できるようにしてみます

この場合、存在しないシートは作成するのか、存在しないからエラーとするのか、決めるべきところが残りますが、それはおいおい考えていきます

・フォルダパスを指定する

手入力でもいいのですが、勉強のために「参照」ボタンを作成して、フォルダを指定できるようにしてみます

今回はカレントフォルダとしていますので、指定したフォルダの配下にあるサブフォルダも全て検索する対象としていきます

シェア
広告
ページ番号: 1 2

やもす ʕ•͡-•ʔ

のんびり!のほほん!がモットーです!w 蕎麦食いたい ライブ行きたい 暑いの嫌い